鮟鱇一筋40年。料理人の技が光る老舗鮟鱇料理専門店!

鮟鱇(あんこう)

CONTENTS

ホーム > 鮟鱇(あんこう)

鮟鱇(あんこう)

鮟鱇(あんこう)とはこういう魚です。
見た目は悪いが最高の魚
鮟鱇(あんこう)北海道では日本海側に多く分布しかなりふかい海底に生息しています。(オホーツク、根室、釧路方面にはいない)魚体はおよそグロテスクな魚である。頭が大きく押しつぶしたような型で下あごが突き出て不揃いな歯が生えているところは壊れたチャックのかばんの様に見えます。

体全体が柔軟性に富み、粘りがあるため、普通の魚と異なり「つるし切り」という独特の方法で捌きます。鮟鱇(あんこう)は深海魚で、見た目はグロテスクだが美味しく食べられる「七つ道具」と呼ばれる部位があり、捨てるところのない魚です。
実は高級食材
「東の鮟鱇(あんこう)」「西の河豚(ふぐ)」と言われます。鮟鱇(あんこう)の「肝臓」は特に有名で「海のフォアグラ」とも言われます。たった一匹で「ふぐ」と「フォアグラ」を合わせ持つ高級食材と言えます。。
冬の鮟鱇(あんこう)は最も美味い
鮟鱇(あんこう)の旬は水温の下がる冬です。産卵を備えた鮟鱇(あんこう)は脂のりが良く、肝も大きくなります。11月~3月は最も美味しい鮟鱇(あんこう)が食べられます。
つるし切り
鮟鱇(あんこう)は魚体が比較的大きく、水分を多量に多く含んでおり、グニャっとした質感です。また表面にヌルヌルしているのでまな板では調理できません。そこで金属性のフックに下あごをつるします。安定させるため、大きな口から水を流し込んでから調理を行います。
鮟鱇(あんこう)の七つ道具
キモ(肝臓)、トモ(尾ひれ)、ヌノ(卵巣全体が帯状のゼラチンで保護されている)エラ、水袋(胃袋)、柳肉(ほほ肉)そして皮です。中でも「肝と鍋と共和(あ)えを、鮟鱇(あんこう)の“三種の神器”と言います。まずはこれを味わってほしい」。

御予約はこちら
この冬の宴会に向けてあんこう料理はいかがでしょうか?冬にしか味わえない数々の料理と共にお待ちしております。

ご予約はこちら

TEL:011-231-8867 まで

定休日:日曜・祝日(予約いただければ営業可能)


「ホームページ見ました!」で
生ジョッキ1杯
サービス致します!
札幌すすきので昭和45年創業。北海道近海の鮟鱇(あんこう)だけを使った北海道で唯一の老舗鮟鱇う料理専門店

ページ上部へ